幻のブランド鰻

「うなぎ大嶋(おおしま)」では、幻のうなぎとの呼び声高い共水うなぎをお愉しみいただけます。南アルプスの恵まれた環境の中育てられる生産数の少ないうなぎです。蒸し上げることでふっくらと、炭火で香ばしく焼き上げることで引き出されるうなぎ本来の美味しさをご堪能ください。

南アルプスの恵みを受けて

南アルプスから50年の歳月をかけて
湧き出るとされる雪解け水で
育てられる共水うなぎ。
養殖に適した山土と静岡県の
温暖な気候の下
水温やプランクトンバランスを
24時間徹底管理し、
大切に育てられます。
ストレスを与えないよう、
飼育するうなぎの数も
通常の半分に抑えています。

四季を巡り

共水うなぎは、2年の歳月をかけ、疑似四季養殖と呼ばれる方法で育てられます。天然鰻が成魚になる5年間の四季を2年で体験させることで、きめ細かい肉質に仕上げます。

春
透き通った水質、
餌となるプランクトンが豊富に。
夏
水温が高くなるにつれて、
うなぎの動きも活発になります。
秋
プランクトンの量が増え、
冬眠の準備を始めます。
冬
水温が下がり、
うなぎも冬眠状態に入ります。

じっくり二年の歳月を経て

養殖所

お品書きはこちら

酸素を加えて

大切に育てられたうなぎは、鮮度を大切に。出荷の際に袋に酸素を注入して、うなぎが酸欠状態になるのを防いでいます。そうした共水の素晴らしいうなぎへの想いと共に、うなぎが店頭に届きます。

  • 箱
  • うなぎ
  • 酸素

新鮮さを大切に素早く

新鮮なうなぎを、一匹一匹素早く丁寧に手さばきしております。さばいてから串打ち、焼きまでの時間を出来るだけ素早く行うことで、最高の状態でお客様にお出しできるよう努めております。

素材の良さを引き立てる

当店の焼き方は“江戸前焼き”と呼ばれる方法で。蒸してから焼き上げることで、表面は香ばしく、中はふっくらと。旨みを凝縮した味わいに仕上げます。合わせるタレは創業当時から継ぎ足しの味。甘みがありながらもさっぱりとした味わいです。

  • 焼き
  • タレ
  • テリ

三種のコシヒカリを鰻に合う

米は三種類のコシヒカリをオリジナルブレンド。 共水うなぎの食感に合わせて、 米はしっかりとした食感に炊き上げます。 うなぎとの相性の良さにご注目ください。

大嶋のうなぎを店頭で

定番のうな重、白焼きのお重など、様々な形で共水うなぎをお愉しみいただけます。観光やご家族でのお出かけの際に、ふわっと香ばしいうなぎをご堪能ください。

うな重

お品書きはこちら

TOP